スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外交の“綾”を先人に学べ 2014.05.19

外交の“綾”を先人に学べ

塩野 七生 (しおの・ななみ)氏

[作家]


 昔の権力者と取り巻きとの関係について

 言うと、貸しては究極の道楽のような気分で、

 「この男に懸けてみたい」という思いがあり、

 政治家はそのカネをいかに有効に国家のため

 に使うかを考えて、堂々と借りる。私はこれまで、

 そういう男たちの関係を書いてきました。


 政治家は、「決めたらすべてのことを実行しな

 ければならない」ことはないんです。

 これは、(『君主論』を著したルネサンス期の

 代表的思想家である)マキャヴェッリも書いて

 います。待った方がいい場合もあると。


 もちろん即断即決して即実行しなければ

 ならない場合もあります。だけど、待っていれば

 周りの環境の方が動いてくれるかもしれない。

 だから外交の一側面では、待っている方が

 正解ということもあるのです。


 マキャヴェッリをはじめ、私たち書く人間の商売

 というのは、人々に理論武装してもらうために

 存在しているのです。そうして描かれた歴史

 というのも、理論武装に使うべきだと思います。


 面白くないと身に付かないですよ。それは

 政治を動かす人もそう。義務感でやると何だか

 しんどくなっちゃってね。


 でも歴史というものはそもそも面白いもんなん

 ですよ。お勉強するつもりで読んでは絶対ダメ。


 作家として言えることは、神は細部に宿るという

 こと。小さなエピソードを書き込んで、書き込んで

 いくと人間の姿がよく見えてくる。


 大将の立場で俯瞰すると、目的と手段をはっきり

 と見極めることができます。ゲーテも言っています。

 「ローマ史を読むなら、皇帝の身になったつもりで

 読め」と。  





(『日経ビジネス』 2014.05.19号 P.068)



「歴史というものはそもそも面白いもんなん
 ですよ。お勉強するつもりで読んでは絶対ダメ」
という塩野さんの意見に同感です。


歴史は、何年に何が起こった、ということを覚えるもの
ではありません。点ではなく線、さらに面つまり3次元的
に捉えるものだと思っています。


つまり、ストーリーがあるから面白いのだ、と思っています。
断片化された知識を大量に集めて、クイズ番組で正解しても、
自己満足しているだけです。表面的に分かって、すべて
分かったつもりになっているのです。広がりがないのです。


塩野さんは、マキャヴェッリについて言及しています。
手元に、塩野さんが著した、『マキアヴェッリ語録』(新潮文庫
平成4年11月25日 発行)があります。


この本の巻頭(「読者に」)で次のように書いています。

この『マキアヴェッリ語録』は、マキアヴェッリの

思想の要約ではありません。抜粋です。

  (P.3)

この本の中から、私個人が印象に残った言葉をご紹介します。


1件目は、マキアヴェッリの言葉としてあまりにも有名なものです。

 大任を負う一個人は、私利私欲よりも

 公共の利益を優先し、自らの子孫の

 ことなど考えない人物であるべきで、

 そういう人物こそ根本的な改革もなし

 うるのだから、そのために必要な全権力

 を獲得するよう努めてほしいものである。

 そして、この種の目的のためにいかなる

 非常手段が用いられようと、非難される

 べきではまったくない。

 結果さえよければ、手段は常に正当化

 される
のである。 

 ―― 『政略論 ――』

 (一部抜粋) (上掲書 以下、同様 P.103)


2件目は、歴史とは何か、ということに対する一つの回答

 歴史は、われわれの行為の導き手(マエストロ)

 である。

 だが、とくに指導者にとっては師匠(マエストロ)

 である。


 人間社会には、相も変わらず同じことを考え、

 同じことを望む人間が棲(す)んできたのだ。

 社会構造が変わっても、誰かが支配し、

 誰かが支配され、ある者は喜んで支配され、

 他の者は不満たらたらで支配されるという

 ことならば、なにひとつ変化はなかった

 のである。

 そして、それに反逆した者も結局はもとの

 さやにもどるということでも、同じなのだ。

 ―― 『ヴァルディキアーチ地方の住民の
 統治方法について』 ――

  (上掲書 P.139)


3件目は、チャンスはだれにでも巡ってくるが、捕まえることが
できる人とできない人を分けるのは、ほんのちょっとした心がけ
次第である、と教えています。

 

 なにかを為したいと思う者は、まず

 なによりも先に、準備に専念すること

 が必要だ。

 機会の訪れを待っての準備開始では、

 もう遅い。幸運に微笑まれるより前に、

 準備は整えておかねばならない。

 このことさえ怠りなくやっておけば、

 好機が訪れるやただちに、それを

 ひっ捕まえてしまうこともできる。

 好機というものは、すぐさま捕まえないと、

 逃げ去ってしまうものである。

 ―― 『戦略論』 ――

  (上掲書 PP.206-7)


最後は、これです。

私の信念である、「やって後悔するするほうが、
やらずに後悔するよりもずっといい」と、まったく同じ
内容の言葉を見つけました。その時は非常に驚きました。

約500年前にすでにこうした考え方があったのですね!
(『デカメロン』はさらに古く、約700年前に書かれました) 
 

 きみには、次のことしか言えない。

 ボッカッチョが『デカメロン』の中で

 言っているように、

 「やった後で後悔するほうが、

 やらないことで後悔するよりも

 ずっとましだ」


 という一句だ。

 今日きみが享受(きょうじゅ)している、

 恋することによって得た喜びは、

 明日になればもう受けられないもの

 なのだよ。それを受けているきみは、

 わたしにすればイギリスの王よりも

 うらやましい。

 ―― 『手紙』 ――

  (上掲書 PP.242-3)


実に示唆に富む言葉ですね?
マキアヴェッリに対する偏見を見直す機会になりました。




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




バックナンバー




和佐大輔さんの価値の高い情報を、「無料」で手に入れませんか?
▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意




ダイエットジム【LIVITO(リビト)】ライセンス店FC加盟契約





ホームページの作り方を基礎から学べる通信講座。
専門家の指導だから、初心者の方でも安心。
通信講座なので、好きな時間に自宅で学べます。
修了時に、ホームページ作成の資格が取れます。
詳しい案内書を無料進呈!
http://bit.ly/1btyEY7



スマートフォンでの売上が急増中の
オンラインストア。
まずは無料でお試しください
http://bit.ly/1btfth4


エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。

スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1744位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
404位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。