スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内に軸足、リスクを取る 2013.9.2

国内に軸足、リスクを取る

佐藤 康博(さとう・やすひろ)氏

[みずほフィナンシャルグループ社長
グループCEO (最高経営責任者)]



2002年に第一勧業、富士、日本興業の3行が合併した

当時は大企業や中堅企業、そして個人の方は金融に求める

機能も質も違うだろうと考えていたと思います。

海外部門は大企業向けのコーポ銀が担っていました。

でも、中堅、中小でも海外進出する企業が増えてきました。

こうなると、2行の間でこぼれ落ちてしまう可能性が

出てくる。


3行問題はたしかにありました。

旧行意識で壁を作ってしまう。

ですが、今はほとんどないでしょう。問題は、コーポ銀と

旧みずほ銀の文化の違いをどうすり合わせていくか。ここが

問題です。かつての3行意識というよりも、現状は2行意識

ですね。


2つの銀行を本当の意味での「One Mizuho」に

変えていくには、もっと努力が必要ですね。


単体の金融機関がいかに強かろうとも、

ホームグラウンドである日本の金融や産業が、

ぺんぺん草が生えるような状況になってしまった時に、

国際金融社会において日本の金融機関が

リスペクトされることはあり得ないだろうと思います。


金融機関は、夢や未来に対して、一番近い存在なのです。

会社の生き死ににも関わっていく重要な仕事なわけで、

社会的な使命感を持たなければいけません。

国内で利益3番手に甘んじるわけではありません。

ただ、短期的に負けたとしても、

長い目で見た時に最も存在感のある

金融機関になるべきです。

若い人には常にそう言っています。




みずほ銀行は2度にわたるシステムダウンで、金融庁から

システムの改善命令を受けました。


この問題も含め、「One Mizuho」をテレビCMで

アピールし、信頼回復を図っています。


「One Mizuho」が浸透するまでには、長い時間がかかるでしょう。

佐藤社長が当インタビューで発言しているように、「最も存在感のある

金融機関」になってもらいたいと思います。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー







ClickHere

スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2027位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
478位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。