スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ITが苦手」では社長失格  2015.02.23


フレッツ光



「ITが苦手」では社長失格

岩本 敏男(いわもと・としお)氏

[NTTデータ社長]


 我々が国立国会図書館のデジタルアーカイブ

 を構築した実績とノウハウが評価されました。

 バチカン図書館の要望は羊皮紙やパピルス

 などに手書きされた文献をデジタル保存する

 だけでなく、公開することでした。

 デジタル保管だけなら、スキャニングしてスト

 レージにデータを入れておくだけです。

 ただ、それを公開するのは簡単なことでは

 ないんです。索引を付け、カテゴライズも必要

 になる。我々は同じようなことを国立国会図書

 館でしていたんですよ。バチカンは世界中を

 調査して、このノウハウを持ったシステム会社を

 探したそうです。


 海外子会社の従業員は「あのバチカン図書館

 の仕事をする会社なんだ」と喜び、誇りを持って

 くれています。


 (「海外事業を今後も強化していく上で、足りない

 ものは何でしょうか」という田村俊一編集長の質問

 に対して)

 やはりブランド力ですね。バチカンの仕事で少しは

 認知が進んだと思いますが、まだ足りない。

 海外事業では米国での事業規模が最も大きいの

 ですが、それでも売上高は約2000億円にすぎない。

 北米のシステム業界では40位くらいの規模です。

 これでは、大手の顧客から声がかからない。


 時間を買うしかない。欧米やアジアなどでシステム

 会社の買収により、41カ国175都市の拠点を手に

 入れ、面的にはグローバル市場をほぼカバーできる

 ようになりました。


 今後の目標としては、2020年くらいまでに、海外と

 国内の売上高が大体半分ずつになるようにしたい。

 2014年度は国内で約1兆円、海外で4000億円

 超の売り上げ規模です。


 我々はミニIBMになるつもりはありませんし、

 ミニグーグルになるつもりもない。NTTデータとして

 彼らと差別化できる価値を作っていきます。

 それは、国内事業で積み上げてきた「顧客を満足

 させる品質」という、とても日本的な部分です。


 営業からシステムのトータル管理まで含む、幅広い

 「品質」を意図しています。


 海外子会社の幹部は「NTTデータは日本の企業な

 のだから、日本企業としての強みを堂々と打ち出す

 べきだ」と賛成してくれた。


 今は、日本品質のサービスが世界で注目されており、

 美容や教育分野など様々な日本発のサービス業が

 高い評価を得ている。現地事業者がマネできない

 サービス品質を、我々はIT分野で差別化要因にして

 いきます。


 最近のIT業界ではオープン化の流れが進んでいます

 から、何でも自前でやれる時代はもう終わっています。


 日本の経営者のITに対する意識は低く、「ITはコスト」

 と思われている方が多いのが実情です。


 CIO(最高情報責任者)の方々だけでなく、特にCEO

 CEO(最高経営責任者)の方に目覚めていただきたい。

 「ITは苦手だからCIOにお任せ」というCEOや社長が、

 日本には実に多いのです。これを変えていきたい。


 CEOで「ITを知らない」と言うなら、もう経営者失格と

 同じことだと思います。貸借対照表や損益計算書など

 を理解しないと経営を語れないのと同様に、ITの重要性

 を理解できなければ、もう経営が無理な時代ですよ。


 ITが変化を加速度的に速くしています。私は毎年、

 CPUとストレージ、ネットワークというITの三大要素技術

 の進化を定点観測しています。


 今の世の中の変化の速さは指数関数的で、昔のパラダ

 イムの中で通用した旧来のビジネスモデルは、ある瞬間

 に、突然パワーを失い時代遅れになるということです。
 

 



NTTデータ社長 岩本 敏男 氏

NTTデータ社長 岩本 敏男 氏
(『日経ビジネス』 2015.02.23号 P.093)





キーワードは、IT(情報技術) です。


「協働」と同時に「共創」が今は重要なコンセプトに
なってきている、と考えています。


そのためには、グループ内の企業同士の連携だけ
に縛られる必要はありません。


競合他社との「協働」や「共創」も必要になってきます。
なぜなら、顧客が求める技術やサービスは、1社だけ
で全てカバーできるほど小さなものではなくなってきて
いるからです。


今までなら、「仕方がない」で済まされたことが、
顧客の先の顧客を満足させるためには、それでは
不十分だからです。


顧客の要求は強まることはあっても、弱まることは
ありません。そうした高い要求に応えていけない企業
は衰退していくしかありません。


岩本さんが指摘していたことは、多くの経営者にとって
耳の痛い事柄ではないでしょうか?


「『ITは苦手だからCIOにお任せ』というCEOや社長が、
日本には実に多いのです。
CEOで『ITを知らない』と言うなら、もう経営者失格と
同じことだと思います」




NTTデータによる、バチカン図書館のコレクションリストが
ネット上に公開されています。

バチカン図書館 コレクションリスト
http://digital.vatlib.it/ja/collection
(NTTデータによるデジタルデータ化)



コレクションの中から、1枚、ご紹介しましょう。






次の解説が添えられています。
「解説

これらの水彩画は、フランス人中国学者であるPaul Pelliotが
設立したVatican extreme eastern基金の最後の号である。
彼は1922年にバチカン図書館で働いた。
その当時この水彩画は"among the Chinese books toward
the garden"(f. Ir)として、読書室の隣にある印刷本のカタログ
を参照する部屋に保管されていたと考えられている。
奇数表示のある紙の右ページには踊りの絵が描かれている。
この伝統的な日本の踊りである日本舞踊は、非常に古くから
の由来があり、その動きを通して、日々の暮らしや自然に
対する考えを表す物語が表現されている。
ほとんどの挿絵では扇を使った踊りが描かれているが、
この扇は踊り手にとって単なる装飾品ではなく、体の一部で
あり重要な表現としての意味を持っている」


色彩、構図、表情など味わい深い絵ですね。
バチカン図書館が所蔵する本などの貴重な資料は、
8万冊ということです。


これをすべてデジタル化し、公開できるようにした
NTTデータの技術力は素晴らしいです。
日本が誇る技術力を世界に示したと言えます。


ヴァチカン図書館の写本8万冊のデジタル化をビジネスにせよ
WIRED ページに下の YouTube がリンクされていました。
http://wired.jp/2014/12/24/bibliotheca-apostolica-vaticana/










記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




バックナンバー




スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
368位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。