スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指すは生活のインフラ  2014.1124




目指すは生活のインフラ


森川 亮(もりかわ・あきら)氏

[LINE社長兼CEO (最高経営責任者)]


 先日、(著名作詞家の)秋元康さんと

 お話しした時に、「LINEは道路みたいな

 ものにならなきゃいけないんじゃないの」

 「LINEって騒がれている段階でまだ
 
 インフラじゃないよね」とお叱りを受けまして。

 当たり前のようにそこにあり、それがある

 からこそいろいろな産業や人々の生活が

 より豊かになる。

 今後はプラットフォームというよりは、

 そういう「インフラ」のような存在になれたら

 いいなと思っています。

 例えば、「国道246号線」があるおかげで、

 そこにつながる町が豊かになっているわけ

 ですが、誰も「国道246号線」をすごいと

 言わないじゃないですか。

 ある意味そのくらいまでにならないと僕たち

 としてはまだ足りないのかもしれません。

 注目されているうちはまだインフラじゃない

 ということですね、逆に言うと。


 僕たちは今も、あくまでコミュニケーションが

 大事で、それを失ったら僕たちではなくなって

 しまうと思うんですよね。


 LINEはサービス開始時期が2社(米フェイスブック

 が買収した「WhatsApp」と、中国テンセントが運営

 している「WeChat」のこと 註:藤巻隆)よりも遅い

 わけですし、頑張っている方だと思うんですけどね。

 日本のインターネットサービスでアクティブユーザー

 数が1億人を超えたサービスというのはないので、

 もうちょっと褒めていただきたいなというのはあり

 ますね(笑)。


 米国のメディアの方とお話ししても、「これからは

 アジアの時代」と言うと嫌な顔をされるんですね。

 「ITは米国」というプライドが非常にある。

 だから、上場により知名度と信頼を上げ、

 いろいろな国の方々にも働いていただいて、

 グローバル企業として成長する必要があると

 感じています。


 (上場延期を決めた理由を聞かれ、)理由ですが、

 現状、売上比率は日本に偏っていますし、

 スタンプやゲーム、広告に頼っているところもあり、

 新しいサービスに関して収益化が見えているわけ

 でもありません。


 本当に大事なものをやり切れているかというと、

 まだ足りない。そこをしっかりした上で次のステージ

 を目指すべきだと思っています。


 上場すると、どうしても管理やら何やらが厳しくなり

 ますし、株価を気にするようになって、集中力が

 散漫になるリスクがありますよね。


 僕たちはITの会社なので、セキュリティーを高め

 ようと思えばいくらでもできるのですが、重要なのは

 ユーザーの方に本当に豊かな体験を与えられる環境

 なのかどうか。豊かさを壊すようなことをしてはいけない

 よねと。


 先よりも今が大事というか、今がなければ先は当然

 ない。一番まずいのは、先のことを考えて、足元で

 つまずくこと。
 

 



LINE社長兼CEO (最高経営責任者) 森川 亮氏

LINE社長兼CEO (最高経営責任者) 森川 亮氏
(『日経ビジネス』 2014.11.24号 P.075)




森川さんの発言から考えられることは、
LINEは急成長を遂げ、さらに加速しようと
していますが、「危機感」を抱いたのでは
ないか、ということです。


過去、急成長した企業はある段階で厚い壁に
阻まれ、急成長の反動で失墜するケースは
幾多もあります。


この辺りで、アクセルを踏む力をやや弱め、
足元をしっかり固めていこうとしているのでは
ないか、と私は考えています。


森川さんも指摘していますが、海外に目を転じると、
月間アクティブユーザー(MAU)が約6億人の
「WhatsApp」や約4.3億人の「WeChat」という巨人
がいます。その2社に伍して戦うには、現状では、
かなり厳しい状況です。


LINEのMAUは約1億7105万人(「日経ビジネス」
2014.11.24 号 P.076)です。この数字自体、決して、
少なくはありませんが、上位2社と比較すると見劣り
します。


森川さんは、次のように本音を語っています。


 同じ土俵で勝負して勝つというのは非常に

 難しいですね。LINEは、フェイスブックさんや、

 テンセントさんと比べて社員数も圧倒的に

 少ないですし、当然キャッシュも少ない。

 違う切り口で勝負した方が可能性があるかな

 と思います。
 

  (P.076)


今週の「編集長インタビュー」の直前のページで、
「企業研究Vol.30 LINE スマホで『リアル革命』」
というタイトルで、6ページにわたってオフラインの
現実世界へ足を踏み入れようとする、LINEの姿を
活写しています。


その一部をご紹介しましょう。
この記事を読むと、森川さんたちが今後、どのような
方向へ進んでいこうとしているのか、予測することが
可能になります。



 2011年6月のサービス開始以来、

 従来の携帯メール、通話の代替として

 急成長を遂げたLINEが、単なるコミュ

 ニケーションツールを超えた存在に

 なろうとしている。


 「テーマは『LIFE』です。皆さまの普段

 の生活にイノベーションを起こし、

 全く新しい体験をしていただきたいと

 考えております」。(年1度のイベント

 「LINEカンファレンス」に)登壇した

 森川亮社長がそう言いイベントの幕が

 開くと、新サービスが怒涛の勢いで

 発表された。

 百貨店などの屋内地図や店舗情報に

 特化した地図アプリ「LINE Maps for

 Indoor」、LINEの決済「LINE Pay」、

 タクシーを呼び決済までできる

 「LINE TAXI」、そして(高級弁当などの

 宅配サービス)LINE WOW。


 今回、LINEはネットを飛び出し、リアル

 の生活に深く関与していく方針を明確に

 した。
 

  (PP.068-069) 


私は、この方針から、勝手な想像ですが、
LINEのN(ネット)からLIFEのF(フュー
チャー=未来)へのメッセージと捉えました。


もちろん、森川さんたちはそのようには
考えていない、と思いますが。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




バックナンバー




スポンサーサイト

失敗なくして運は来ない 2013.9.9

失敗なくして運は来ない

森川 亮(もりかわ・あきら)氏

[LINE社長]



運がいいことは間違いないです(笑)。そもそも、

これだけ大成功を収めるということは

狙ってもできることではないですから。


ビジネスはタイミングが非常に重要ですが、

機が訪れた時に、それを生かす環境なり

能力なり経験をきちんと持っているかが

重要だと思います。


僕たちはぽっと出の会社ではありません。

過酷の、13年間やってきて、数多くの失敗

を繰り返してきました。例を挙げれば、

検索サービスやゲーム、SNS(交流サイト)

などです。


僕は以前、ソニーにいました。ソニー時代で

最も苦労したのは、どの提案に対しても

「差別化のポイントは何なんだ」と言われた

ことです。そして提案の中には、「ソニーの

持つ技術がこう入っているから他社に勝てる」

というプレゼンが求められました。


僕はユーザーが求めるものの中で、「良いもの

をいち早く出す」というシンプルなことが

ビジネスとして非常に意味があると思っています。


もともと、ビデオは3G(第三世代)回線でも

遜色なくやり取りできるほど、独自技術でデータを

圧縮しています。そのため、データ量がそれほど

肥大化するわけではありません。


データセンター事業を展開しているライブドアや、

親会社である韓国NHNにインフラやセキュリティー

に関する多数の専門家がいますので、まさに今、

それが強みになっています。サーバーが数千台

増えても、問題ありません。


店舗だけ、個人だけと限定せず、誰でも簡単に

売り買いができるのがLINE MALLの

コンセプトです。スマホに最適なサービスを作り

上げます。


LINEがここまで成長できたのはスマホにいち早く

シフトして、そこに最適なサービスを作り上げた

からだと思っています。


お金を儲けるというのは結果であって、目標では

ありません。何に時間を使うかを重視すべきです。

どれだけ自分が成長できるかを基準として見極めて

きました。これはビジネスでも同様です。稼ぐこと

より、何に時間を投下すれば一番僕たちらしい価値が

出せるかだと思います。




スマホ向け交流アプリ「LINE」の利用者数が世界で

2億3000万人を超えたそうです。

年内には3億人を超えるだろうと言われています。


LINE の日本法人は、以前は NHN JAPAN でした。

社名を LINE に変更し、サービスと社名を統一させました。


今秋、LINE は LINE MALLという、スマホ向けの

EC(電子商取引)事業を開始します。


オークションも可能になるようです。


Yahoo!オークションは複雑で、しかも主にパソコンを使うため、

出品者も購入者も難しいと感じていた人がいました。


LINE MALL はスマホ向けですから、取り扱いを簡素化

しているそうです。


例えば、送料はLINEが負担し、売買成立後、購入者から

入金が確認されたら、出品者からは売上の一定の手数料を

徴収するようです。


Yahoo!オークションにとって、脅威になってくる可能性があります。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー








ClickHere


         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
502位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。