スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道産業はまだ成長する  2015.03.09


長生酵素



鉄道産業はまだ成長する

冨田 哲郎(とみた・てつろう)氏

[東日本旅客鉄道社長]


 首都圏と北陸の往来は、飛行機や高速道路を

 含めても年間500万人と言われています。

 この全体のパイを広げて、いずれは首都圏と

 北陸の間の移動量を2倍にしたいと思っています。


 北陸地域はこれまで、どちらかというと関西との

 往来の多い地域でした。ですが今後は首都圏と

 関西の両方とつながっていく。東京にとっても、

 北陸からどんどん人が来るチャンスが生まれる。

 既に(長野県の)軽井沢の辺りは、北陸からお客

 さまが来ると期待しているようですし、かなり人の

 流れが変わるでしょう。


 人口減は我々にも日本にとっても大きな問題です。

 今後、生産年齢人口が減るのは間違いありません。

 ただしそれがそのまま経済活動の縮小につながる

 という考えは、あまりに悲観的すぎる。必ず可能性

 もあるはずです。
 
 事実、鉄道会社も航空会社も毎年お客さまを増や

 しています。その中でも大きなチャンスと言えるのが、

 60代以上の存在でしょう。彼らはとてもアグレッシブで、

 蓄えもあり、自由な時間もある。何より好奇心の強い

 世代だと思います。だからよく旅行する。

 旅行の回数を調べる「パーソントリップ調査」を見ると、

 1人当たりの旅行数が約2倍になっている。人口が

 減っても1人当たりの移動回数が増えれば、結局、

 運輸収入は増えるわけです。


 この先、国は訪日外国人を年間2000万人に増や

 そうとしています。そのうちの1割に当たる200万人

 が東北を訪れるだけでも、地域経済は潤うはずです。

 観光産業は裾野が広いですが、今は日本のGDP

 (国内総生産)のおよそ6%、30兆円くらいでしょう。

 雇用者数は500万人と言われています。ですが、

 将来的にはこれを10%以上にできるはずです。


 我々は東京五輪に向けて、ネットワークの充実を進める

 つもりです。

 
 北陸新幹線と同じ3月14日には、宇都宮線や高崎線、

 常磐線と東海道線を直通運転する「上野東京ライン」

 も開業します。


 もう一つは、町づくりを強化して魅力のある町を増やす

 ことです。大規模開発では、JR山手線の品川駅と田町駅

 の間に新駅を作り、一体的に開発する計画です。


 欧州に行くと、無線で列車を制御するのが当たり前です。

 日本ではレールの中に微弱電流を流して列車の位置を

 検知していますが、それを全部無線でやってしまう。

 中国や韓国でも無線制御が当たり前になっている。

 海外の優れた技術を取り入れることは、日本の技術を

 高めることになるし、コスト競争力の面でも大事なことに

 なる。


 鉄道産業はまだまだ可能性があると思います。ですから、

 それを実現させるためにもまずは足元を固める。

 安全や安定、快適な輸送は当然のことですが、それに

 対する投資や社員に対する働きかけは繰り返し続けなく

 てはいけないでしょう。

 そのうえで鉄道産業の可能性を信じて進んでいく。

 挑戦するということを訴えていきたいと思います。
 







東日本旅客鉄道社長 冨田 哲郎 氏

東日本旅客鉄道社長 冨田 哲郎 氏
(『日経ビジネス』 2015.03.09 号 P.095)





キーワードは、鉄道産業の未来です。


3月14日に北陸新幹線が開業し、北陸の各産業
は大いに期待していることでしょう。


風光明媚な観光地が多く、また海産物も豊富です。
首都圏からの観光客が増加することは確実です。
一方、北陸地域の人たちが首都圏に出掛けること
際の物理的距離は、大幅に改善されます。


心理的距離も短縮されることでしょう。
乗り換えなしに東京へ行けることは大きなメリット
になるはずです。


金沢から東京までが2時間少々で行けることになり、
時間を有効に使うことが可能になります。


鉄道業界と航空業界との競争が激化していくこと
になるでしょう。利用者にとっては選択肢が増え、
楽しみになってきたことは間違いありません。


5年後に迫った東京五輪に向けて、さらなる利便性
の向上を目指して、顧客目線で競い合って欲しいと
思います。


顧客に高付加価値を提供し続けることができれば、
リピーターにすることができます。


人口減という逆風を逆手に取って、リピーターを増やす
ことができれば成長することは可能です。


それにしましても、欧州ばかりか、「中国や韓国でも無線
制御が当たり前になっている」という事実は知りません
でした。


日本の鉄道に関する技術の方がはるかに進んでいる
と思い込んでいましたので、冨田さんの説明を聞いて
意外に感じました。


北陸地域と東京がつながることはいいことですが、
首都圏に住み、毎日通勤ラッシュの激しさに悩まされて
いる人たちは、早急に改善して欲しい、と思っている
かもしれません。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




バックナンバー




スポンサーサイト
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
544位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。