スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はアジアの一部 2013.9.23

日本はアジアの一部

斉藤 惇(さいとう・あつし)氏

[日本取引所グループCEO (最高経営責任者)]


おかげさまで大きなトラブルもなく、現物株を東京に

集めることができました。

ただ、まだ道半ばです。金融派生商品(デリバティブ)を

大阪に移すことが残っています。個別銘柄のオプション

を含めると銘柄数は万単位。神経を使いますが、

2014年3月というスケジュールには沿って作業が

進んでいます。


日本は明治維新で、小国であるにもかかわらず欧米列強

に肩を並べました。でも、この台頭のプロセスは

終わりました。かつてアジアでは「日本とその他」

だったのが、今や日本はアジアの一部に過ぎません。


アジアの国々の一つひとつは自信がないけれど、

それだけに手を組んだり、良かれ悪しかれ欧米が

言うことを割と素直に受け入れたりします。


中国だって開放的です。日本企業が2万社も進出している。

逆に、中国企業が同じ数だけ進出した場合、日本社会は

受け入れられますか?


日本株の魅力が乏しい理由として、日本企業の利益が

非常に悪いことがまず挙げられます。世界標準に合った

経営がなされていない。この反省がないのです。


もう1つ、日本の経営者の頭の中には株主という存在が

入っていません。銀行を株主と思っているが、彼らは

債権者です。経営者は株主に責任を負っているという

感覚は、中国や台湾、韓国よりも乏しいでしょう。


あとは情報開示。これだけITが普及すると隠せません。

国家の機密が流出する時代に、隠し通せるはずがない。

恥が残るだけですよ。


日本で金利が上がって、何が起きるか。悪性インフレ

です。歴史が証明している。誰が犠牲になるかと言えば

国民です。ブラジルで起き始めていますが、インフレに

なって、物価が上がって、結果として債務が実質的に

消える。その代わりに、国民生活は大災害ですよ。

それをやるのですか。


中国はよみがえりますよ。それまでに日本は生産性を

高めておかないと、次のタイミングで日本は中国に

離されます。そうなるとアジアは中国になびくのでは

ないか。


改革をやれば、国の価値が上がって、1人当りGDPも

上がって、税収も増える。GDPの200%を越す債務なんて、

シェイム(恥)ですよ。




日本時間で今日(2013年9月26日)、訪米中の安倍首相は

ウォール街で演説しました。概略は以下のとおりです。

「日本は復活します。必ず、復活しますから、どうか

日本の株を買ってください。

私は3語だけで表現します。

Buy my Abenomics


安倍首相の演説と、斉藤日本取引所グループCEO

(最高経営責任者)の発言を比べますと、

かなりの温度差を感じます。


実行が伴わないイメージ先行で話す安倍首相と、

市場の現場と現物を見てきた斉藤CEOとの、

現実を観る目の違いといえるかもしれません。

「3現主義」に照らし合わせて見ると、自ずと結論が

見えてくると思います。


現在、日本の株式市場はアベノミックスの期待感だけで、

上昇しているように思えてなりません。


もっとも、現在は株式を保有していない私には、株が乱高下

するたびに、一喜一憂することはありません。

とても株式保有者と同じ気持ちにはなれませんね。


アベノリンピックス(「アベノミックス」と「オリンピック」を

合わせた合成後。慶應義塾大学教授・竹中平蔵氏が命名)に

浮かれている状況ではない、と真摯に取り組む姿勢が極めて

大切だ、と思います。


あなたはどう思いますか?





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー







エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。

スポンサーサイト

変幻自在で20期増収 2013.9.16

変幻自在で20期増収

山田 邦雄(やまだ・くにお)氏

[ロート製薬会長兼CEO (最高経営責任者)]


2004年に発売したスキンケア化粧品の「肌研(ハダラボ)」

が今や当社の主要ブランドになっています。

その効果もあって、売上高構成比率は62.9%。

目薬関連は21.1%、胃腸薬は12.7%。

事業の軸足は完全にスキンケアに移っています。


ロートとパンシロンだけでは会社も変わり映えしないし、

社員も刺激がありません。


そこで経営の柱を増やそうと、父が、米メンソレータム

の皮膚用薬のライセンス販売を1975年に始め、88年に

は同社を買収しました。これがスキンケア関連に進出した

第一歩です。


一般的なスキンケア商品で消費者に認知されたところで、

次に化粧品も手がけたいという気持ちはずっとあり

ました。その時、機能性化粧品のObagi(オバジ)に

出合いました。


このオバジシリーズの販売を経て、次は「もっと

日常的に使う化粧品を手がけようじゃないか」と

いう空気が社内に醸成され、生まれたのが肌研です。


我が社では年功序列的要素も大切にしますが、

一方で、足りない人材は年齢問わずどんどん外部

から受け入れます。


肌研が1つの大きなブランドになったからといって、

全く安心できない経営環境です。今後も新しい商品が

どんどん出てくるでしょう。新しいことをしないと

企業として生き残れないという危機感がとてもあり、

そのためにも海外展開は積極的に進めていきたいと

考えています。


医療用医薬品を大々的に展開するつもりはありません

が、再生医療には取り組んでいきたいと考えています。


まだまだ先の技術と思われている再生医療ですが、

世の中の流れは考えている以上に速い。恐らく3~5年

のうちには我々のビジネスも具体化するでしょう。




肌研の開発チームがたどり着いたのが、今では誰もが一度は

耳にしたことがある、ヒアルロン酸だったそうです。


潤い成分であるヒアルロン酸は加齢とともに減少するもので、

これを化粧水に採用したところ、もちもち感を利用者が体感

できることわかったそうです。


開発の中心を担ったのは、社会経験数年足らずで、中途採用

で入社した20代の女性社員だったそうです。


経験を問わず、提案を採用する器の大きな社員がいる会社と

言えますね。

「開発も宣伝も、とにかくヒアルロン酸一点に集中した。

それが高い訴求力につながり、短期間で一定のシェアを

確保する土台になったのだと思います」

と山田さんは語っています。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー







エキスパート@メールクラウド エキスパートメール
エキスパートメールが選ばれている「7つのポイント」、
「価格の安さ」、「機能の豊富」さ、そして「メールの到達率」
その他多くの機能の搭載によって支持を頂いております。

失敗なくして運は来ない 2013.9.9

失敗なくして運は来ない

森川 亮(もりかわ・あきら)氏

[LINE社長]



運がいいことは間違いないです(笑)。そもそも、

これだけ大成功を収めるということは

狙ってもできることではないですから。


ビジネスはタイミングが非常に重要ですが、

機が訪れた時に、それを生かす環境なり

能力なり経験をきちんと持っているかが

重要だと思います。


僕たちはぽっと出の会社ではありません。

過酷の、13年間やってきて、数多くの失敗

を繰り返してきました。例を挙げれば、

検索サービスやゲーム、SNS(交流サイト)

などです。


僕は以前、ソニーにいました。ソニー時代で

最も苦労したのは、どの提案に対しても

「差別化のポイントは何なんだ」と言われた

ことです。そして提案の中には、「ソニーの

持つ技術がこう入っているから他社に勝てる」

というプレゼンが求められました。


僕はユーザーが求めるものの中で、「良いもの

をいち早く出す」というシンプルなことが

ビジネスとして非常に意味があると思っています。


もともと、ビデオは3G(第三世代)回線でも

遜色なくやり取りできるほど、独自技術でデータを

圧縮しています。そのため、データ量がそれほど

肥大化するわけではありません。


データセンター事業を展開しているライブドアや、

親会社である韓国NHNにインフラやセキュリティー

に関する多数の専門家がいますので、まさに今、

それが強みになっています。サーバーが数千台

増えても、問題ありません。


店舗だけ、個人だけと限定せず、誰でも簡単に

売り買いができるのがLINE MALLの

コンセプトです。スマホに最適なサービスを作り

上げます。


LINEがここまで成長できたのはスマホにいち早く

シフトして、そこに最適なサービスを作り上げた

からだと思っています。


お金を儲けるというのは結果であって、目標では

ありません。何に時間を使うかを重視すべきです。

どれだけ自分が成長できるかを基準として見極めて

きました。これはビジネスでも同様です。稼ぐこと

より、何に時間を投下すれば一番僕たちらしい価値が

出せるかだと思います。




スマホ向け交流アプリ「LINE」の利用者数が世界で

2億3000万人を超えたそうです。

年内には3億人を超えるだろうと言われています。


LINE の日本法人は、以前は NHN JAPAN でした。

社名を LINE に変更し、サービスと社名を統一させました。


今秋、LINE は LINE MALLという、スマホ向けの

EC(電子商取引)事業を開始します。


オークションも可能になるようです。


Yahoo!オークションは複雑で、しかも主にパソコンを使うため、

出品者も購入者も難しいと感じていた人がいました。


LINE MALL はスマホ向けですから、取り扱いを簡素化

しているそうです。


例えば、送料はLINEが負担し、売買成立後、購入者から

入金が確認されたら、出品者からは売上の一定の手数料を

徴収するようです。


Yahoo!オークションにとって、脅威になってくる可能性があります。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー








ClickHere


国内に軸足、リスクを取る 2013.9.2

国内に軸足、リスクを取る

佐藤 康博(さとう・やすひろ)氏

[みずほフィナンシャルグループ社長
グループCEO (最高経営責任者)]



2002年に第一勧業、富士、日本興業の3行が合併した

当時は大企業や中堅企業、そして個人の方は金融に求める

機能も質も違うだろうと考えていたと思います。

海外部門は大企業向けのコーポ銀が担っていました。

でも、中堅、中小でも海外進出する企業が増えてきました。

こうなると、2行の間でこぼれ落ちてしまう可能性が

出てくる。


3行問題はたしかにありました。

旧行意識で壁を作ってしまう。

ですが、今はほとんどないでしょう。問題は、コーポ銀と

旧みずほ銀の文化の違いをどうすり合わせていくか。ここが

問題です。かつての3行意識というよりも、現状は2行意識

ですね。


2つの銀行を本当の意味での「One Mizuho」に

変えていくには、もっと努力が必要ですね。


単体の金融機関がいかに強かろうとも、

ホームグラウンドである日本の金融や産業が、

ぺんぺん草が生えるような状況になってしまった時に、

国際金融社会において日本の金融機関が

リスペクトされることはあり得ないだろうと思います。


金融機関は、夢や未来に対して、一番近い存在なのです。

会社の生き死ににも関わっていく重要な仕事なわけで、

社会的な使命感を持たなければいけません。

国内で利益3番手に甘んじるわけではありません。

ただ、短期的に負けたとしても、

長い目で見た時に最も存在感のある

金融機関になるべきです。

若い人には常にそう言っています。




みずほ銀行は2度にわたるシステムダウンで、金融庁から

システムの改善命令を受けました。


この問題も含め、「One Mizuho」をテレビCMで

アピールし、信頼回復を図っています。


「One Mizuho」が浸透するまでには、長い時間がかかるでしょう。

佐藤社長が当インタビューで発言しているように、「最も存在感のある

金融機関」になってもらいたいと思います。






記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。







バックナンバー







ClickHere

         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
360位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。