スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3つの日本一」で飛躍へ  2015.01.12




「3つの日本一」で飛躍へ

野本 弘文(のもと・ひろふみ)氏

[東京急行電鉄社長]


 当社は鉄道沿線から発展した企業です。

 選ばれる沿線であり続けるために、

 今何をすべきかを常に考えています。


 イメージしやすい言葉として2012年、現在

 進める2012~14年度の中期経営計画で、

 私は「3つの日本一」「ひとつの東急」を掲げ

 ました。東急沿線を「住みたい沿線」、渋谷を

 「訪れたい街」、二子玉川を「働きたい街」

 として、それぞれ日本一を狙います。


 ここでもう一度、グループ間の連携を強めると

 の思いを「ひとつの東急」という言葉に込めま

 した。


 渋谷ヒカリエの中に、ミュージカル劇場の東急

 シアターオーブを造りました。劇場そのものは

 決して利益を生み出すものではありませんが、

 劇場があることによって、渋谷を訪れたいと

 言ってくださる方が増えます。複合文化施設の

 Bunkamura の事業も、歴代の経営トップが

 積極的に進めてきました。


 商業施設などハコモノができただけでは、1回

 見ればよいと思われてしまいます。文化度を

 さらに上げることが、より多くの方を街に呼び

 込む上で重要です。


 渋谷は海外から来た方が訪れたいと考える街の

 一つです。欧米の方は渋谷駅前のスクランブル

 交差点が好きでよく来ています。訪日ビザ(査証)

 の緩和などを追い風にタイからの観光客も増えて

 います。


 積み残してきた課題を全て、方向付けすることを

 考えています。


 東急グループは2014年3月期、連結で1兆円を

 超える売上高がありますが、うち48%がリテール

 部門です。売上高は大きいですが、営業利益率で

 は1割にも満たないです。鉄道や不動産の事業

 だけを捉えるなら、他社と比べても利益率は決して

 低くありません。


 利益率が1%改善するだけで50億円の増益に

 なります。こうした点を、まさに「ひとつの東急」

 として改革していきます。


 東急グループは現在、グループ経営の効率化を

 目指す委員会を立ち上げ、議論を重ねています。


 かつてはホテル、リゾート開発などグループで

 様々な海外事業を手掛けていましたが、今後は

 得意分野や我々が持つノウハウを最大限生かし、

 相手国と共に育てていく仕組みが、海外戦略に

 おいては何より必要です。


 どの沿線に住むかは、あくまでもお客様が決める

 ことですが、一番重要なのは「沿線の乗降客を

 増やすためにどうすべきか」という議論です。

 やはり少しでも多くの方に、電車に乗っていただく

 のが一番です。動いていただくためにどうするか。

 それは当社単独ではなく、沿線の街と一体になって

 考える方が、はるかに効果があります。


 2019年には相鉄・東急直通線も開通しますが、

 東海道新幹線の新横浜駅とつながり、渋谷・新宿

 方面に1本で行くことも可能になります。
 

 



東京急行電鉄社長 野本 弘文 氏
東京急行電鉄社長 野本 弘文 氏
(『日経ビジネス』 2015.01.12号 P.077)





渋谷には昭和49~53年の4年間ですが、
通いました。約40年前のことです。
大学(青山学院)が地元にあったからです。


この約40年間で渋谷は大きく変わりました。
渋谷駅周辺の再開発事業が行われ、
商業施設のみならず、オフィスビルが林立
しました。


インターネットが普及し、スクランブル交差点は
国内だけでなく、世界中で知られるようになり
ました。


今後も国内だけでなく、世界中から訪問客を
集めることでしょう。


渋谷は情報発信基地である、という位置づけは
不変です。


当面は、2020年の東京オリンピックに向けて、
交通機関の利便性の向上、外国人観光客向け
の案内表示などを見やすく、分かりやすくする
ことは不可欠です。


渋谷は原宿が近いので、日本文化の一つである
「オタク」や「コスプレ」を体験する機会を提供する
ことでしょう。


渋谷は、若者たちだけの街ではありません。





記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。




バックナンバー




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2016位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
433位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。