スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスのインタビュー バックナンバー(4)

日経ビジネスのインタビュー
バックナンバー(4)


ここに掲載しているのは、管理人・藤巻隆が
携帯サイトで運営していた時のコンテンツです。

2007年1月8日号からスタートしています。
1カ月分毎にまとめてあります。



● 2007.4.30
 (No.5)<17>

発想生む「頭の霧箱」
梅棹 忠夫(うめさお・ただお)氏
[国立民族学博物館顧問]

私らが厳重に守ってきたことは、
自分の体で経験したことを、自分の
頭で考えて組み立てていくという
ことです。

ところが、最近は、そうでないのが
いるようですな。

はっきり言えば、人の真似をするの
がいる。
他人の文章の盗作やないか、という
ことが平然と行なわれている。

そんな恥ずかしいことがどうして
できるのか。

私のようなフィールドワーク派には、
昔から書斎派、文献派からの批判が
ありました。

大学で「あいつらは足で学問しよう
としているが、学問は頭でするもんや」
という人もいました。

頭を使うとは「本を読むことや」と
言うんですが、それはおかしい。

本は誰かが考えたことでしょ。

なぜ、自分の頭で事実から組み立て
ようとしないのか。


● 2007.4.23
 (No.4)<16>

「新世界」のレシピ作った
ウィリアム・アメリオ(William J.Amelio)氏
[レノボ・グループ社長兼CEO(最高経営責任者)]

IBMというブランドを買収したレノボは、
どのようにビジネスを展開していくのかが、
世界中で注目されていました。

日本の顧客は特に心配していたようですね。

顧客の間には明らかに「本当に大丈夫なのか」
と(購入に)及び腰になる傾向がありました。

しかし、最近は顧客から「もう手控えの時期は
終わった」と言われるようになりました。

レノボ製品は質もサービスも高いという認識を
持ってもらえるようになってきたからだと思っ
ています。

機は熟したと考えて、まず大企業向けでIBM
のロゴを外しました。

IBMではなくて、レノボのシンクパッドで
あるというイメージを高めるためです。

中小企業向けでも地域によりますが、IBMの
ロゴを外しています。

シンクパッドのロゴはずっと使えるので残して
います。


● 2007.4.16
 (No.3)<15>

目標1年延期やむなし
カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)氏
[日産自動車社長]

2007年度にも成長できず、利益が悪化した
場合は信頼を失ってしまいます。

これはチャレンジですよ。

日産が持続可能な成長を果たす能力があると
いうことを立証するときだと思います。

これからの成長のエンジンをどういう形で作っ
ていくかということは、社員も期待しています。

期待しているものは常に変わるものです。

当初の期待を達成すれば、すぐに次の期待が
出てきます。

常に期待に合わせなければなりません。

だからトップでいることは難しいのです。

常に適応していくことができなければ、
誰かにトップを任せる必要があります。

CEOの価値というのは業績で決まるんです。

最終的に人は言ったことではなくて、やった
ことに目を向けるのです。

2007年度は2006年度より確実に良く
なります。

その業績を皆さんが精査するでしょう。

日本市場については厳しい状況が続き、
他社も含め、みんな苦労すると思います。

しかし、グローバルの全体像を見てください。

グローバルの販売台数と利益が重要です。

私には自信があります。


● 2007.4.9
 (No.2)<14>

目標は「桃太郎集団」
高原 豪久(たかはら・たかひさ)氏
[ユニ・チャーム社長]

会社組織で一番強いのは、価値観が
一致していることだと思います。

どんなに崇高な理念があっても、多くの
会社ではそれを教え込もうとしていませ
んよね。

社員全員が体得するためには標準化のための
マニュアルと仕組みがあり、その理論を基に
継続して実践することが必要です。

私は個性は尊重すべきだとは思いますが、
価値観が極端に合わない人は、その組織には
いない方がいいだろうと思います。


● 2007.4.2
 (No.1)<13>

役割は“学校の先生”
原田 泳幸(はらだ・えいこう)氏
[日本マクドナルドホールディングス会長兼
社長兼CEO(最高経営責任者)]

アップル時代は、忍耐でした。

IT(情報技術)企業では、「俺は賢い」
という奴の集団でないとエネルギーが出ま
せん。

それをまとめるわけですから、やっぱり忍耐
でしょう。

マクドナルドでは寛容でした。

みんなを容認して、とにかく気持ちが動く
ように持っていく。

正論だけでは、誰も動きませんでしたから。

自分がどう振る舞ったら、人がどう動くのか
を考え続けました。

いくら正論であっても、人は命令されて動か
されるとすごく疲れます。

自分で考えて動く分には、疲れないでしょう。

そういう環境を整えないといけません。

私が示した方向に反発があれば、それは切り
離す決断も必要です。

ただ、そればっかりでは強制になってしまう。

そこのバランスを考えて経営していたのが、
この3年間の心境ですかね。






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
327位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。