スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスのインタビュー バックナンバー(5)

日経ビジネスのインタビュー
バックナンバー(5)


ここに掲載しているのは、管理人・藤巻隆が
携帯サイトで運営していた時のコンテンツです。

2007年1月8日号からスタートしています。
1カ月分毎にまとめてあります。


● 2007.5.28
 (No.4)<21>

政権運営は心を1つに
加藤 寛(かとう・ひろし)氏
[千葉商科大学名誉学長]

生まれてきたすべての子どもに一定水準
の教育を義務づけるのは必要だが、その
ことと、教育内容まで国が監理すること
は全く別のこと―。

英国の哲学者、ジョン・スチュアート・
ミルが『自由論』で述べていることです。

私は、この考えに賛同します。

ところが日本の場合、この義務教育の内容
まで文科省が監理し続けているというのが
現状です。


● 2007.5.21
 (No.3)<20>

経営は「胆力」「ネアカ」
冨山 和彦(とやま・かずひこ)氏
[経営共創基盤社長]

再生機構ができた4年前に日本には
企業再生のプロなどいなかった。

けれど、優秀な人材をきちんと教育
して送り込んだら、みんな育って、
経営者としての能力を発揮したんです。

プロ経営者を目指す若手は増えている
わけでしょ。

六本木でIT(情報技術)ベンチャー
を作るばかりが能じゃない。

経営というのは人間をどうやって自分の
思うように動かすかですから。

それを実践するなら、“おままごと
ベンチャー”をやっているより、よっ
ぽど地方の旅館の経営をした方がいい。


● 2007.5.14
 (No.2)<19>

基軸通貨、求めず妨げず
ジャン・クロード・トリシェ(Jean-Claude Trichet)氏
[欧州中央銀行総裁]

まず言えるのは、ユーロの導入は企業に、
米国と同じくらいの規模を誇る金融市場に
アクセスできる環境をもたらしたという
ことです。

さらにECBの安定した金融政策は、企業に
安定した資産調達の道を提供しています。

もちろん実際には、欧州市場の統合だけで
はなく、そこにはグローバル化の影響もあ
ります。

金融市場の統合に話を戻すと、ユーロ圏の
金融統合の深化は継続中です。

具体的には例えば、「ターゲット」と呼んで
いる計画があります。

ユーロ導入時から進めた「ターゲット1」
では各国中央銀行同士の決済・支払いシス
テムをつなぎ、今年の11月から次の「ター
ゲット2」が始まります。

これは中央銀行同士のシステムのプラット
フォームを共通化するものです。

つまり3億1800万人の金融市場、金融サー
ビスが1つの共通のプラットフォームで動く
ことになるのです。

加えて証券関連では「ターゲット2セキュリ
ティーズ」、つまり証券決済分野での中央銀行
資金との共通プラットフォーム化を提案した
ところです。

こうした統合の深化を通じて経済活動の触媒
としての役割を果たすことが、ECBの重要な
役割になっているわけです。


● 2007.5.7
 (No.1)<18>

“地球企業ビジョン”11月発表
渡辺 捷昭(わたなべ・かつあき)氏
[トヨタ自動車社長]

とにかく、副社長や専務と一緒に議論をしな
がら現場に行きました。

できるだけ聞く耳を持ち、しっかりと物事を
見る目を持ち、肌で感じて、においを嗅ぎ取る。

言ってみれば五感で感じるようにすると、
「ここにこういう問題があるな」というのが
だんだん分かってきました。

今では私が見えるのは8割というところで
しょうか。

その過程では、カスタマーファースト(顧客
第一)委員会というのを作って、問題を全部
出してくれ、と部品メーカーさんや開発部隊、
生産部門などに伝えました。

それまでは、市場の状況から、モデルチェンジ
の時期を決めてしまうと、全員が無理してでも
間に合うように開発していました。

そこで、どこにどういう無理があるのかを明ら
かにしようとしたのです。

(中略)

我々が常に言っているのは、現状に満足しない
ということでしょう。

現場を見て、「大変だな」と評論家みたいに
言っていると、だんだん企業は衰退していき
ます。

大変なんだから経営陣もみんなで現場に行って、
知恵を出して改善しています。






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
318位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。