スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスのインタビュー バックナンバー(27)

日経ビジネスのインタビュー
バックナンバー(27)


ここに掲載しているのは、管理人・藤巻隆が
携帯サイトで運営していた時のコンテンツです。

2007年1月8日号からスタートしています。
1カ月分毎にまとめてあります。




● 2009.3.30
 (No.5)<114>

米復活へ役割果たせ
三國 陽夫(みくに・あきお)氏[三國事務所代表取締役]

日本が黒字を作って米国に資本輸出すれば、日本の国内消費は落ちる。

米国は買い物をしてもお金が戻ってくるから過剰消費になった。

今の危機は日本が種をまいた面があります。

黒字を作るナンセンスさに気がつかなかった。

今後は、日本が自分のお金をきちっと管理し、配分することが重要です。

これは世界経済にとっても大事です。


● 2009.3.23
 (No.4)<113>

値下げは顧客のために
浅利 慶太(あさり・けいた)氏[劇団四季代表、四季会長]

劇団四季の舞台に多くのお客様が来てくださる第1の理由は、台詞が明晰に聞こえるからです。

演劇の感動の80%は、戯曲です。

演出や俳優、音楽、美術など様々な要素は残り20%の中にあります。

台本が良くなければ、俳優がいくら頑張っても良い舞台にはなりません。

ですから演劇で最も大切なのは、台本の言葉を正確に客席に届けることです。

そのための方法論も徹底的に研究しました。

ある時、親友の音楽家、小澤征爾君に優れたピアノ演奏の特徴を尋ねたら、「それは音の分離だ」と言われました。

音量の大小ではなく、1音1音がしっかり分離していないと美しい演奏にはならない、と言うのです。

これに啓示を受けました。

舞台でも全く同じで、1音1音の分離が正確ならば言葉が確実に客席に届きます。

そして日本語の音は母音だけです。

子音は口の形に過ぎません。

そこで音を司る母音の分離を明晰にするための方法を考え、「母音法」を作り上げたのです。

劇団四季の俳優たちは、この方法論で徹底的に鍛えられています。

日本人、日本社会は「話す」ということを軽視しすぎです。

昔から「読み、書き、そろばん」は大切にされてきました。

しかし本来、「読み、書き」の後は「話す」であるべきです。

話すこと、つまり、コミュニケーションは、民主主義の基本です。

話すことをきちんと教えない民主主義には、危険が潜んでいると思います。


● 2009.3.16
 (No.3)<112>

独自技術を“掘り抜く”
畑中 浩一(はたなか・こういち)氏[パナソニック電工社長]

最近では、精密な金型の自動製造装置を開発しました。

これは他社にはなかなか真似できない技術でしょう。

我が社が目指す「ブラックボックス技術」の1つです。

こうした技術を開発し続けることができるのは、根本にやはり「掘り抜き井戸」の精神があるからです。

あきらめないで、水が出るまで井戸を掘り抜く。

滑っても転んでも、前に向かって進んでいく。

何事も成功するまでやるから成功する。

だから、うちの会社にはモノ作りで独自性の高いオンリーワン技術が数多くあります。

シェーバーも最新機種は4枚刃です。

4枚も並べるには刃を薄く、硬くする必要がある。

非常に微細な加工に加え、特殊な焼き入れ技術を使っています。

気が遠くなるような試行錯誤を繰り返して技術を完成させました。


● 2009.3.9
 (No.2)<111>

もっともっと「やってみなはれ」
佐治 信忠(さじ・のぶただ)氏[サントリー会長兼社長]

明るく、前向きなエネルギーを注入できるかが勝負。

「会社が潰れる」なんて言うのではなく、新しいサントリーグループを作るんだという気持ちを前面に出す。

それには働き方も変えよう、もっとやってみなはれ、悪しき官僚主義をぶっ潰せと、前向きにエネルギーを注入するわけです。

それができれば社員は働きますよ。

少々つらくても前向きだから。

ベクトルが合えば、いろいろな商品が生まれてくる。

そうなれば「やってみなはれ」でヒットも出る。

逆目になると不満分子が出て逆方向に回すから、気合ですわ。

エネルギーと情熱。


● 2009.3.2
 (No.1)<110>

おもてなしを輸出する
荻田 敏宏(おぎた・としひろ)氏[ホテルオークラ社長]

オークラは「ベストA.C.S.」を経営理念、企業哲学としています。

Aは「Accommodation」、Cは「Cuisine」、Sは「Service」のこと。

設備、料理、サービスの3点で最高のものを提供し、地域で一番と評価されるホテルを目指します。

この点で、日本人は間違いなくホスピタリティー精神に厚い国民です。

「おもてなし」という日本語がそのまま世界に通じるほどですから、現時点では他社と比べて差異化できる。

おもてなしを輸出していくこと、これが長期的なオークラの仕事になります。

宴会の運営経験も豊富で、日本同様に宴会需要が多いアジアは有利です。

一方で海外のホテルに比べ劣っている面もあります。

それを吸収してさらにいいものを作る。

これをPDCI(Plan,Do,Check,Improve)と呼んでおり、普通はPDCAで最後はAct(行動)ですが、オークラでは「I」の「改善」の方が重要ですので、ここが課題です。










関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
327位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。