スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスのインタビュー バックナンバー(75)

日経ビジネスのインタビュー
バックナンバー(75)


ここに掲載しているのは、管理人・藤巻隆が
携帯サイトで運営していた時のコンテンツです。

2007年1月8日号からスタートしています。
1カ月分毎にまとめてあります。



● 2013.3.25
 (No.4)<312>
農業は輸出で勝負できる


石毛 博行(いしげ・ひろゆき)氏
[日本貿易振興機構(JETRO)理事長]

震災後、51カ国が放射性物質の規制を強化しましたが、その後、完全撤廃したのは6カ国にすぎません。45カ国はまだ何らかの形で輸入制限などの規制が残っています。

 

北海道・根室の水産業者は、サンマをベトナムに輸出しています。これまでは商社に頼っていましたが、自分たちでやる、と。年間7トンから始めて、現在は300トンまで増えているそうです。

 

TPP参加を決断するのならば、それは国の判断なのですから、当然、影響を受ける人への補償は必要になってくるでしょう。ただ、それだけではなく、農業における制度改革などの合理的な変革も同時にすべきではないでしょうか。

 

日本は今、新たな成長戦略を描く時期にあります。そこに、海外ビジネスは不可欠。JETROとしては、これら諸外国への進出メリットやリスク情報をきちんと届けるのが使命です。



● 2013.3.18
 (No.3)<311>
変革のヒントは社外に 保守本流にこだわるな


大宮 英明(おおみや・ひであき)氏
[三菱重工業社長]

カギはいかに組織の縦割りを打破するか。

 

何より科学的な経営手法が必要でした。「SAV(戦略的付加価値)」と呼ぶ指標ですべての事業を格付けする手法を導入しました。64の事業単位ごとに、資本金と金利を設定して、7段階に格付けするのです。格付けに応じて、伸びる事業なのか、変革が必要で場合によっては縮小・撤退すべき事業なのかを判断します。

 

ビジネスモデルを変えるつもりで変革を進めています。製造業のスマイルカーブの左右両端のうち、利益率が高い事業を強化するという方法です。

 

自前主義からの脱却というのが課題で、その意味で一番大きな例は、日立さんとの事業統合です。私は、このケースを日本の製造業再生のフラッグシップ似したいという強い思いを持っています。



● 2013.3.11
 (No.2)<310>
社内資源を変化に集中 市場即応力で先行保つ


大橋 徹二(おおはし・てつじ)氏
[コマツ次期社長]

高台移転が決まると、今度は宅地などを造成することになる。そのため、工事の内容が瓦礫処理とは変わってくる。

 

油圧ショベルは既にレンタルを通じて東日本に集まっているが、高台移転では、新たにブルドーザーなどの需要が増える。

 

実際の需要がどれほどかはまだ分からないが、ピークは2~3年ぐらい続くのではないだろうか。

 

アベノミクスでは、公共投資の中身を見直すが、必要なものはやっていく方針と聞く。ゼネコンなどを中心に、需要が盛り上がるとの期待感が強い。

 
     <今週号では、「編集長インタビュー」が掲載されませんでしたので、他の記事から掲載しました>  



● 2013.3.4
 (No.1)<309>
インフラ事業で世界に挑む


遠藤 信博(えんどう・のぶひろ)氏
[NEC社長]

2013年のIT景気を見るには2つのポイントがあります。1つは中国がどうなるか。もう1つは日本の復興予算がどう効いてくるか。

 

いくら良いものを作り生産コストを下げても、為替が競争できるレベルにならないと負けてしまいます。過去3年の民主党政権では、そこに手をつけられませんでした。

 

NECはパソコンで中国大手のレノボ・グループと連携しています。この効果は大きかった。レノボの購買力を生かして、ハードなどの部品を、以前よりも安く購入できるようになりました。

 

NECの良さとは何か。1つの答えは、人が豊かに生きるためのインフラをICT(情報通信技術)で提供することです。










関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆

Author:藤巻隆
こんにちは。

管理人の藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私は、『本当に役に立つビジネス書』というメインサイトのほか、『こんなランキング知りたくないですか?』や『新・大前研一名言集(改)』などのブログを運営しています。

日経ビジネスのインタビュー』という同じタイトルの携帯やスマホのサイトがありますが(PCでも閲覧可能です)、新たにFC2ブログ版を追加しました。

より多くの方にご覧いただきたい、と考えたからです。

当ブログをよろしくお願いします。

カウンター

スポンサード・リンク

女子バナー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
1355位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
318位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

サイト内ランキング



FX

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

日経ビジネスのインタビュー(FC2ブログ版)

QR

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新トラックバック

スポンサード・リンク

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

売上ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。